News

グリンデルワルト、スキーツアー

2016年01月19日

年明けでも、雪不足が心配されていましたが、、、、
この週に入る頃には、しっかり降ってくれました!!!

DSC_3543雲海の合間に出てきた、アイガー北壁。
真横から見ると、本当にそそり立つ壁!!!

今週はワールドカップ開催週。
https://www.facebook.com/FUNSWISS/posts/1025076254225771
ここでは、冬季の最大イベントです。
ダウンヒル開催日には、二万人を超える観光客がクライネシャイデックに上がります!

DSC_3549スキーエリアでは、ワールドカップのコース整備に関わる
スイスミリタリーに出会いました。
皆さん、サービス精神旺盛。
それにしても、目立つユニフォームでしたね~

 

快晴の一日。

IMG_6987フィルストエリアから見ると、アイガーのナイフリッジが際立ちます。
揃うと5レンジャーならぬ、6レンジャーみたいな皆様。

 

IMG_7181IMG_6997ワールドカップエリアから離れるため、びっくりするぐらいの貸切感満載!!!!!
天候にも恵まれ、雪質も良く、最高のマイゲレンデでした!!!!

 

IMG_7200ヴェッターホルン背景に並んでいたら、、、今日も飛び入りが。
なかなか陽気な観光客たちですね~

 

IMG_7226フィルスト山頂駅に、新しくできたクリフウォークも、高所感たっぷり味わえますよ~

 

IMG_7210お勧めランチはケーゼシュニッテ。
白ワインにパンを浸して、チーズをかけて焼いたものにトッピング。
ワイン風味はチーズと相性抜群♪

 

冬期は3日間以上連続したスキーパス所持者には、
ユングフラウヨッホへの登山列車を59スイスフランの追加で遠足できます。
他の時期は、2万円以上する、標高もお値段も高い展望台なので、お得ですね!
今週も、足休めを兼ねて、観光に足を延ばしました。

標高3,571mのスフィンクス展望台。

標高3,571mのスフィンクス展望台。

雪と風が作り出した自然の造形美。

手摺には、雪と風が作り出した自然の造形美。

IMG_7285

ユングフラウヨッホ内の展示エリア。

IMG_7301

氷の宮殿は、本物の氷河をくり抜いた中!!!

IMG_7281

スフィンクス展望台の時計屋さんにて。 Tissot新作、アイガー・メンヒ・ユングフラウのロゴ入り限定時計。

貸切の雪原にて。ユングフラウの稜線が、、、

貸切の雪原にて。ユングフラウの稜線が、、、

100年以上前に、3,454mのユングフラウヨッホ駅まで電車を開通させた技術、労働力、全てに感服です。

 

滞在最終日は満を持してシルトホルンへ遠征。

ベルナーオーバラント三山も綺麗に見えました。

ベルナーオーバラント三山も綺麗に見えました。

天気が良いと滑りも快調。

天気が良いと滑りも快調。

滞在中に、スイスメイドのヘルメットを購入されました~!!!!
安全性は勿論、このヘルメットには開閉可能のゴーグルがついているので、メガネの方には特に人気。
曇らないそうですよ~。

007の撮影地で記念撮影。

007の撮影地で記念撮影。

しると

シルトホルンからの大パノラマ!

正月明けの1月中は、ヨーロッパ人、地元の人も少なく、雪質も良い貸切ゲレンデを堪能できる季節です。

また、1月の第三週末はワールドカップが開催されます。
1928年まで歴史を遡る三大クラシックレース(カンダハー、ラウバーホルン、ハーネンカム)の一つ、
ラウバーホルンからウェンゲンへのダウンヒルの熱気を肌で感じることもできます!!!

時期それぞれに良さがあるので、好みに合わせてご相談ください。

また今回のような、Film und Natur SWISSのガイドツアーにご参加いただいた方には、
ガイド中に撮影した写真や動画はもちろん、グリンデルワルトを含む
スイスの四季の様子を収録した特典DVDをプレゼントしています。

多くのお客様にご好評いただいているサービスで、 プロのカメラマンでもある私たちのおもてなしです!!

多くのお客様にご好評いただいているサービスで、
プロのカメラマンでもある私たちのおもてなしです!!