News

ヴァル・ガルディナ、ドロミテスキーツアー

2016年03月03日

イタリア北東部、オーストリア国境近くに広がるドロミテ山塊。
玄関口は水の都、ヴェニス。
このエリアのスキー場が、一枚のスキーパスで全エリアを網羅する、世界最大のスキーリゾート。
リピーターも魅了してやまない、このエリアへ行ってきました!!!

名峰サッソルンゴのお膝元、ヴァル・ガルディナエリアに滞在。

名峰サッソルンゴのお膝元、ヴァル・ガルディナエリアに滞在。

大のイタリアファンで、何度も来られている方から、初ドロミテの方、夏のハイキングでは来たことがあるけど冬は初めての方、、、、それぞれドロミテに惹かれて集合した10名様とご一緒です。

サッソルンゴに圧倒される!!!

サッソルンゴに圧倒される!!!

セラ山塊を中心に12カ所のスキーエリアが点在し、コース総滑走距離はなんと1,200㎞超!!!!!
長野の志賀高原の1コース最長滑走距離が約6㎞ほどなので、比べると、、、、
もちろん、たった1週間の滞在では滑りつくすことはできません。

見る角度で全く姿を変える、名峰サッソルンゴ。

見る角度で全く姿を変える、名峰サッソルンゴ

村から見上げる夕日に染まるサッソルンゴ

村から見上げる夕日に染まるサッソルンゴ

魅力は、その広さだけでなく、この景観。
ドロミテ山塊は、パッと目を引く迫力ある山塊が無数にあり、どこを撮っても絵になる迫力。
上の4枚はすべて同じ山の写真ですが、角度によって全く姿かたちが変わるので、目を奪われっぱなし。。。。

どこまでも続くかのようなアルペ・ディシウジエリア

どこまでも続くかのようなアルペ・ディシウジエリア

スキーを脱ぐことなく繋がっているエリアもあれば、スキーバスも利用して滑り渡ることも可能です。
その代表が、セラ山塊を1周するセラロンダ。
知名度が高く、混雑するのが難点ですが、スキーで一つの山を一周できるなんて面白いですよね。

セラ山塊を背景に、大混雑の旧型リフト。

セラ山塊を背景に、大混雑の旧型リフト。

今回は、ドロミテ最高峰のマルモラーダ氷河へも遠足しました!!!!
大混雑でしたが、標高3,250mからの滑降は、いろんな意味で印象的でしたね。

美味しいピッツェリアを求めて、、、

美味しいピッツェリアを求めて、、、

山でもシーフードパスタが美味!!!!

山でもシーフードパスタが美味!!!!

そして、イタリアの料理は日本人のお口に合います!!!!!!!!!!!!!!!!
毎日、何を食べようかと迷う幸せ。。。。♪♪♪
食いしん坊万歳~

イタリアの玉子酒、ボンバルディーノ!

イタリアの玉子酒、ボンバルディーノ!

ワインの種類も多くて迷います。。。

ワインの種類も多くて迷います。。。

もちろん、エネルギー源もしっかりいただいて♪
食は旅の魅力の一つですからね!!!

ワールドカップ男子ダウンヒルのゴール!!!

ワールドカップ男子ダウンヒルのゴール!!!

毎年12月に行われるワールドカップ、サンタクリスティーナのダウンヒルコースのゴールにて。
ちゃんとゴールしましたよ~♪♪♪
10㎞を超えるコースが目白押しで、滑り応えは言うまでもなく。。。

グラン・フェルメダ山塊を背景に、気っ持ちいい斜面~

グラン・フェルメダ山塊を背景に、気っ持ちいい斜面~

標高2,500mの絶景テラスにて。

標高2,500mの絶景テラスにて

1.絶景
2.美食
3.滑り応え
三拍子がそろったドロミテエリア、リピーターになること間違いなし!!!
まだまだ奥が深いですね~。

※おまけ※

初夏のヴァル・ガルディナ

初夏のヴァル・ガルディナ

初夏から秋口にかけてのハイキングシーズンも、花の種類が多く、コースの多さにびっくりしますよ!
セラ山群を右手に、ヴァル・ガルディナからの下りは一面キンポウゲの絨毯でした~