News

グリンデルワルト、春の訪れ

2020年05月09日

5月に入り、自然の流れはどんどん時計の針を進めています。
グリンデルワルトの村はずれ、オーバラーグレッチャーのバス停から、標高1,400m前後まで、高山植物の芽吹きを追いかけてみました!

タンポポ絨毯とアイガー!

ヴェッターホルンの裾野は艶やかになってきています!

ナデシコ科のシレネ・ディオイカ

牛さんたちも、気持ちよさそう

スイスアルプスの魅力の一つ。
高山植物は、季節に合わせて標高差1000m以上の全てで見ることができる!

今年は、雪解けも早く、4月の安定した温かい天候のおかげで、咲き始めは例年より少し早め。
村の標高1,030m前後から、まだ残雪の残る2,000m付近まで、それぞれの気候に合った植物が咲き始めています。

サクラソウ科のプリムラ・エラティオル、こちらでは春を開ける鍵と言われます

ムラサキ科のミオソティス・アルペストリス、ワスレナグサの仲間ですよ~

リンドウ科のゲンティアナ・クルシイ

キク科のベリス・ベレニス、日本ではヒナギクですね

キンポウゲ科のトロリウス・エウロパエウス、ひときわ目を引くかわいいボール状のお花、、、

ゴマノハグサ科のリナリア・アルピナ、小さな紫の中に目を引くオレンジ!

トウダイグサ科のエウフォルビア・キパリッシアス、和名はマツバトウダイ

カタバミ科、クローバーの花も満開!

アブラナ科のカルダミネ・プラテンシス

キンポウゲ科のカルタ・パルストリス、つぼみをマリネにしてケッパーにもできるるんですよ~

ヒメハギ科のポリガラ・カマエブクスス、和名ではトキワヒメハギ。甘~い香りが充満しています~

リンドウ科のゲンティアナ・ヴェルナ、“春リンドウ”です!

シソ科のラミウム・マクラトゥム、日本ではオドリコソウと呼ばれますね

タンポポも、綿毛が目立ち始めました

オーバラーグレッチャーからは、標高1,962mのグローセシャイデックまで観光バスが走っています。(現在は休止中)
そのバス道は、マウンテンバイクやEバイクにも大人気。
ハイキングコースもあるので、ハイカーにも人気のコースです。

途中、ミツバチの巣箱が設置されていました!
一つの箱に、女王バチが入ったようで働きバチが溢れていました。
グリンデルワルトのスーパーでは、地元でとれた高山植物のはちみつも売られていますよ~
お花が咲き乱れているので、ミツバチさんはご多忙の季節のようです。

 

春の味覚、つくしも生えていますが、、、スイスでは食べないようです。。。

ウンターラウヒビュールの分岐に到着!

標高差、200mほどのお散歩ですが、たくさんの高山植物の開花に出会うことができました!
振り返ると、ひときわナイフリッジが際立つアイガーが。

スイスは5月11日から、新型コロナウイルスに伴うロックダウン解除の第2弾に入ります。小中学校の休校解除、全商業店が営業を再開します。図書館や美術館の再開を当初の予定より前倒しし、飲食店も一定の条件で営業を再開。入国制限も一部緩和されます。

それでも公共の場での6人以上の集まりは禁止され、1000人以上の大規模イベントは8月末まで禁止されることになっています。
ソーシャルディスタンスは変わらず、営業再開後も2メートルの距離を空ける、衛生対策の順守は必須です。

一日も早く、新型コロナウィルスが解明され、予防薬、治療薬が開発されることを願って止みません。
それまでは、みんなでStay healthy!!!!!!!(健康で!)