News

ブスアルプからのパノラマハイキング☆

2020年09月10日

9月に入ってすぐの秋晴れの日に、グリンデルワルトバスでブスアルプまで上がって、まだ歩いたことのないコースへ行ってみました~♪

グリンデルワルトバスのおかげでハイキングスタートが標高1,800m♪

風は冷たくなった気がしますが、まだまだ太陽の力は強い!

ブスアルプのレストラン

ブスアルプ1,800mまではグリンデルワルトからバスで約30分。
テラスからはアイガー、メンヒ、ユングフラウを臨める絶景レストランです。

ベルナーオーバーラント最高峰フィンスターアールホルン(右手)4,274m

ベルナーオーバーラント最高峰フィンスターアールホルン(右手)4,274mと、こちらもとんがったシュレックホルン4,078m(左手)。
かっこいいなぁ~

この標高は牛さんだらけ

近すぎますよ~!!!!!

夏の間、アルプスで放牧される牛さんたちは、9月の半ば頃から山を下り、冬に備えて標高の低い場所へ移されます。
のびのび自由に、美味しい牧草を食べられるのもあと少し、、、

足元にはクランベリーが熟しています。

足を止めては、写真!

最初はもくもくと登ります。

あ~、いい空気!

キク科のキルシウム・アカウレ

標高2,500mまでの草地を好むこのアザミは茎がありません!
種を残すまでに風雨で倒されないためなのか、家畜に食べられないためなのか、、、
植物の進化は、常に“生き残る”ことに一生懸命。

左からシュレックホルン、フィンスターアールホルン、フィーシャーホルナー、アイガー、メンヒの大パノラマ☆

フェルト2,160mに到着

本日最高所のフェルト2,160mに到着~

アイガー、メンヒ、ユングフラウを背負って☆

この後、グリンデルワルト村まで標高差約1,100mの下りです!
ここから始めて歩くコース。。。わくわく☆

雪解け後の季節はもっと大きな池だったのに、、、

 

素敵な酪農家さんの小屋を発見!

軒先をお借りしました~♪

酪農家さんと一緒に来たかわいい番犬、、、とっても人懐っこいんです!

「私たちと一緒に来る?!」

お見送り~

スイス原産種と言われるグレーター・スイス・マウンテン・ドッグに似ていますが、もっと小型、、、このあたりでは、よく酪農家さんが飼っている犬種です。

二度咲きのエリカが艶やか☆

最高峰を見ながら、、、本当に誰もいない!!!!

リンドウ科のチシマリンドウ属

家畜のヤギの群れに遭遇!

美味しい牧草を求めて、放牧されるヤギたちも毎日小屋から餌を求めて移動します。
ペーターならぬ、女性のヤギ使いさんが引率していました~

キク科 ヤグルマギクの仲間

マメ科

9月に入っても、まだまだ山には高山植物が咲いています。
標高に合わせて、色々な彩が艶やかに。

アイガー見ながら小休止~はぁ、絶景なり~☆

見るからに毒!!!誰がかじったのかなぁ~

一面、お花畑!!!!!!!!

標高1,305mまで下りてきました~

ここから村まで40分。グリンデルワルト周辺は、本当にハイキングコースがたくさんあります!
それぞれに違った魅力が♪
秋のスイスアルプスは晴天率も良く、空が澄み渡る秋晴れに、自然美が映えますよ~