News

ユングフラウマラソン☆サポーター・ラン!!!

2020年09月20日

1993年から毎年、開催されているユングフラウマラソン。
インターラーケン568mからアイガーグレッチャー2,320mまでの標高差をかけあがる、世界でも有名なマウンテンマラソンの一つです。

サポーター・ランのビブ

ラウターブルネンのチケットカウンターにて

このコロナ禍により、残念ながら今年のユングフラウマラソンはキャンセルとなりました。
そこで提案されているのが、“ユングフラウマラソン サポーター・ラン”。

35スイスフランで登録し、設定期間(6月20日から10月18日)のいつでも自分の都合でユングフラウマラソンの一部区間(ラウターブルンネンからクライネシャイデック)までを走ることができるタイムレース。

これには、帰りの登山列車料金、ゴール後の飲み物、着替えや手荷物などをおくる荷物の送料、、、などが含まれ、利益はすべてユングフラウマラソン・ボランティア団体へ寄付されます。

スタート前のストレッチ!重要~

ウェンゲン在住の奈津子ちゃんが走る!とのことで、カメラマンも並走することに!!!!!!!
なので、サポーター・ランの応援に行ってきました☆

スタートは790mのラウターブルンネン

スタートをくぐるとビブに埋め込まれたチップでタイムが計測開始!

ラウターブルンネンの村を抜けたら、一気に標高を上げ始めます

ユングフラウマラソン サポーター・ランの青い標識を追いかけます☆

谷底に広がるラウターブルンネンの村

ラウターブルンネンからウェンゲンまでは、登山列車ならたった12分。
歩いて登ると、標識のタイムは1時間30分。ちょっと速足で1時間切るぐらい。
ジグザグのつづら折りで、標高を上げていきます。

ウェンゲンへ向かう登山列車

ツリフネソウ科ツリフネソウ属

ウェンゲン1,256mに到着!

ウェンゲン村内のサポーター・ランのチェックポイント

ここから標高800m強の登りが続きます~

ゴールのクライネシャイデック

標高2,100mのクライネシャイデックは、ブルーベリーの紅葉が始まっています。
スイスアルプスを赤く染める草紅葉。

ブルーベリーは酸味と甘みが、、、

クライネシャイデックからグリンデルワルト方向にそびえるヴェッターホルン

カメラマンが先に到着!

あと少しでゴールだよ~!!!!!!

やった~!!!ゴール!!!!!!!!!!

たまたま同じタイミングで着かず離れず走っていた人とも、ハイタッチ!!!

距離は9㎞、標高差約1,300mを1時間57分で完走!!!!!!!!!
素晴らしい~☆

別日に完走した娘さんも、お迎えに来てくれていました☆

来年のユングフラウマラソンは9月11日に開催予定です。
問題なく、その日を迎えられますように。。。。。

ゴール後のプレゼントはノンアルコールビール!

なので、普通のビール買いました!笑

クライネシャイデックの駅併設レストランで、ビブを見せるとノンアルコールビールとユングフラウマラソンのタンブラーがもらえます。
でも、、、、やっぱり普通のビールが飲みたいっ!!!!ってことで、ご購入~笑。

コロナで世界の価値観が一気に変わりました。
できなくなったことを数えるのではなく、“今、できるベスト”を探して。
そして、心身ともに健康でいられるように、、、いい空気を胸いっぱい吸いましょう♪