News

新型コロナ規制緩和と日本からのスイス旅行

2021年06月27日

スイスでは、2020年末から始まった新型コロナウィルスに対するワクチン接種が加速しています。
少なくとも1回の接種を終えた人が48.80%。
7月末までには希望者全員の接種を終えると発表し、1年間有効のワクチン接種証明書もデジタルでも発行されるようになりました。

スイス国内の状況
6月25日現在(スイス連邦内務省保健庁発表)
https://www.covid19.admin.ch/en/overview

 

新型コロナウィルス感染者も減ってきて、それに伴い更なる規制緩和が発表されました。

2021年6月26日(土)より適用
※在スイス日本国大使館からのメールを抜粋・要約

マスク義務の緩和(屋外は不要、職場・教育機関での緩和)
レストラン、小売店舗、公共交通機関など室内でのマスク着用義務は引き続き継続
◆ホームオフィスが義務から推奨事項に引き下げ。
◆高等教育機関において対面授業に関する制限が廃止。
◆イベント参加人数、マスク着用等の措置が緩和。
◆店舗等における顧客1人当たりの面積要件が廃止。
◆飲食店におけるテーブルあたりの人数制限が廃止。
※屋内の席では1グループあたり1人の連絡先を提供は継続
◆ディスコやクラブが再開。
◆コロナ証明を所持する方が参加するイベント開催の緩和要件が新設。
◆スポーツ・文化活動に関する制限が緩和。
ワクチン接種完了者の入国後の検疫義務免除期間が12か月に延
◆スイス入国に係る各種措置が緩和。

日本からスイスへの入国
2021年6月21日(月)以降、査証免除による日本からの入国(90日以内の観光目的を含む短期滞在)が認められるようになりました。

スイス到着時の検疫では、ワクチン接種済みまたはコロナに罹患後の回復者は、検疫措置等も免除されます。
https://www.ch.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00052.html

ただし、外務省からは感染症危険レベル3:渡航は止めてください、という渡航中止勧告が発令されています。

それでも少しづつではありますが、日常には戻りつつあります。
一日も早く、自由に海外旅行も楽しめる日々が戻ってきますように!!!

クライネシャイデックでのアルプホルン演奏