News

『愛の不時着』ロケ地巡り

2021年10月09日

10月12日にNHK BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」にて、大ヒットドラマ『愛の不時着』が特集されます。

というわけで、昨年の2月にNetflixで配信され世界中で話題になったこのドラマのロケ地(スイス)をちょっとご紹介します!

嵐に飛ばされたパラグライダーで国境を越えて北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の恋を軸に、テンポのいいコメディ感もあり、私が住んでいるグリンデルワルト周辺の景色がたくさん出てくるので、思った以上にのめりこんで見てしまいました~

 

ギースバッハホテル
スイスに留学中のリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と婚約者だったソ・ジヘ(ソ・ダン)が初めて出会うシーン。

ここはブリエンツ湖畔にある、ヒストリカルホテルにも登録(2004年)されているギースバッハホテル。築30年以上の歴史を持ち、歴史的なオリジナルをベースにした客室、照明、家具の数々など様々な条件をクリアしたホテルだけが登録されるヒストリカルホテル。
このホテルも、その名に恥じないたたずまいです。

ブリエンツ湖

インターラーケンから湖船で1時間。
船を降りたら、1879年から運行しているというフニクラで、このホテルまで上がってくることができます。ヨーロッパでもっとも古いフニクラだそうです!

赤色、または緑色のフニクラが湖とホテルとをつなぎます。

ギースバッハはその名の通り、ブリエンツ湖に流れ込む大きな滝が有名。

 

滝の裏側まで通過できるハイキングコースがあります。

ギースバッハ周辺のハイキングコース

ここから湖畔沿いを1時間半ほど歩くと、湖畔に突き出したイゼルトワルトという小さな村につきます。とってもかわいらしい村ではありますが、このドラマが撮影されたことで、一躍注目されることになったのでは、、、

イゼルトワルトの村の建物が見えてきた、、、

 

イゼルトワルトの船着き場
ユン・セリ(ソン・イェジン)が船、桟橋の上ではピアノを弾くリ・ジョンヒョク(ヒョンビン)。二人がすれ違うシーン。

イゼルトワルトの船着き場

インターラーケンやブリエンツをつなぐ湖船

観光用の蒸気船

近年人気のSUP

気候がいい時期は、観光用の蒸気船周遊や、SUP(スタンドアップパドルボード)を楽しんでいる人もたくさんいますね~

 

フィルスト展望台
そして、3人が出会うシーンや大きなつり橋の背景として出てきたアルプスが、フィルストから見るアイガー、ユングフラウ、、、この絶景です!!!
最後に、ユン・セリ(ソン・イェジン)がパラグライダーでまた落ちてくるシーンがありますが、そこも、こちらのフィルストです。

フィルスト展望台から見るヴェッターホルンとパラグライダー

他にも、インターラーケンの五つ星ホテル、ヴィクトリア・ユングフラウのレストランや、ユン・セリ(ソン・イェジン)が思いつめて震えていた長いつり橋も、シグリスヴィルにあります。

面白かったドラマや映画に思いを馳せながら、旅にロケ地を加えるのも楽しみの一つ。
ご自分の好みに合わせた“個人旅行”を、ご提案します!!!