News

グリンデルワルト、ワールド・スノー・フェスティバル!

2022年01月23日

1月17日~22日、第39回ワールド・スノー・フェスティバルがグリンデルワルトで開催されました。
1983年に日本人アーティストたちが大きなハイジの雪像を作ったことがきっかけで、毎年世界中からアーティストたちが招待され、その年のテーマに沿った氷の彫刻作品を作って人気を競い合うイベントになりました。

2022年のテーマは『山』

3mの雪の塊。これが、どんな姿になるのか、、、

今年は積雪量にも恵まれ、作品を作る期間も気温が上がらず天候にも恵まれて、各国のアーティストさんたちも作業がしやすかったのでは?!

それぞれの作品紹介のパネルとミニチュア作品を隣において、作業スタート!

完成予定のミニチュアと比べるのも楽しい、、、

お散歩がてら、どんどん形になっていく作業の見物。

最初の4日間で作品を仕上げ、その出来を競い合います!
21日(金)に審査員投票と、一般人気投票の発表がありました。
今年の、審査員投票1位は、、、スイスチーム!!!!
一般人気投票は、、、ドイツチームでした~

スイス/山々のリフレクション

アメリカ/山は自然が作り上げた彫刻

オランダ/氷河時代の氷の石

ドイツ/キング・オブ・マウンテン(カプリコーン)独名:シュタインボック

イタリア/深海の山とのコラボレーション

フランス/山は生きている

韓国/山は水と生命を包み込む

イギリス/バーニーズマウンテンドッグ、山は楽しい場所!

この週末だけライトアップされ、大人気の写真スポットとなっていました~

 

氷の雪像作品は、標高2,300mのメンリッヘンでもスイス、ウクライナ、ドイツチームによる作品が作られました!!!
スキーがてら、山の上の作業も見学に行ってきました~♪

 

アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山とともに

子供たちは、この三作品の中ではクリスタルがお気に入りとのこと☆


今年は急激に気温が上がる予報ではないので、これからしばらく駅前を通るたびに雪像を見て楽しめそうです。
スイス旅、楽しめるようになったらこんなイベントと絡めてみるのも面白いですよ~☆