News

スイス、新型コロナウィルス規制の緩和

2022年02月17日

スイス連邦内閣は、新型コロナウイルスを巡る状況は改善していると判断し、各種行動制限措置の包括的な緩和を本日16日、閣議決定しました。

いよいよ、日常へ向けて進み始めましたね。

グリンデルワルト駅前

 

スイス国内の状況
2月16日現在(スイス連邦内務省保健庁発表)
https://www.covid19.admin.ch/en/overview

 


スイス国内の感染対策現状
(2月17日0時より適用)

◆コロナ証明書によるアクセス制限(ワクチン接種証明、回復証明又は陰性証明の提示義務)の撤廃

◆屋内レストラン、店舗内、その他公共施設内及び、職場におけるマスク着用義務が廃止

◆プライベートの集まりに関する規制の撤廃

◆ホームオフィスの推奨の撤廃

◆店舗やケーブルカーの入場者数制限の撤廃

◆大規模イベントの許可取得義務の廃止

公共交通機関や医療・介護関連施設(入院患者を除く)におけるマスク着用義務及び感染者の自己隔離義務は3月末まで継されます。

 

スイスへの入国
連邦移民庁が定める入国制限措置は引き続き有効です。査証免除による日本からの入国(90日以内の観光目的を含む短期滞在者)については、ワクチン接種完了者及び18歳未満の同伴する子供のみ認められています。